出会い系サイトでは相手に気持ちをしっかり伝えることが大事


異性と話すのが苦手だという人は意外にたくさんいます。

家族構成などにもよるのかも知れませんが、異性の前に立つとまるっきり何も話せなくなるのです。

よくできても「うん」、「はぁ」など、相槌とは思えない精気のない言葉しか返せません。

もしそれほど重症な異性への苦手意識があるのでしたら、まずは出会い系サイトを始めてみませんか?

出会い系サイトはまずメール交換から関係が始まりますので、話すのが苦手でも、文章は書けるでしょう。口下手な人ほど、文字を書くときは饒舌なものです。

そして出会い系サイトでたくさんメール交換をして、自分から話題を振ったり、質問をしてみたりしてください。

書くときには口に出して言っているイメージを持ちましょう。

もちろん、口では言えないけれど、メールでなら書けるという話題もあると思います。そういう時はおおいにメールを活用しましょう。「実は自分は異性と話すのが苦手で…」と断っておくと、相手も気を遣ってくれるかも知れません。

どちらにせよ、せっかく出会ったのですから、いずれは会いたいことと思います。その時までにたくさんメール交換をして、お互いのことを知っておけば、多少口下手でも意思の疎通はできます。何より下地を固めることが大切です。

出会い系サイトで重要なのはプロフィールです

出会い系サイトで一番重視されるのは「プロフィール」です。

まずは、メールとかぶってもいいので、名前と年齢、居住地と職業は書きましょう。

そして、たくさんあればたくさん書いてもいいので、趣味やそのジャンル、これからしたいことや興味のあることを書きましょう。

あくまで前向きなことが条件です。

また、見栄や嘘はよくありません。

自分自身をよく見て、多少コンプレックスがあっても書きましょう。

また、出会い系サイトで最近で重要なのは、喫煙の有無です。

吸わない、吸うけど人前なら我慢できる、やめられないので喫煙室のないお味には入れない、などです。

また、お酒も、付き合い程度、毎日自宅で飲む、居酒屋で飲む程度、まったく飲めないなど、明記しましょう。

あとは車の免許の有無、車の有無、一人暮らしか実家暮らしか、など、書くべきことはたくさんあります。

また、そういう嗜好品の他にも、コーヒーと紅茶ならどちらが好きか、朝はパン派かご飯派かなど、ちょっとどうでもいいですが、笑えるかな?というようなことも書いてみるといいでしょう。

もちろん、出会い系サイトでのプロフィールはあなたの名刺のような大切なものです。

短すぎず長すぎない、読みやすいものを書きましょう。

これを読んでもらわない限りは先に進めませんから。